So-net無料ブログ作成

給料未払いのパイロット:エアインディアはストライキに直面、ジェットエアウェイズは話し合いの機会を提供。

新聞名: Hindustan Times
ページ: P21
日付: 2012年3月9日
記事名: Unpaid pilots: Air India faces strike, Jet calls for talks
--------------------------------------------------
New Delhi:
インドの空には苦しい経営状態の航空会社が直面している問題があります。

インドのパイロットによる組合(IPG)、エアインディアのパイロットによる協会は、給料の遅延、未払い等の問題が解決できなければ、来月からフライトを行わないと彼らの経営陣を脅かしました。

インド最大の国内線航空会社、ジェットエアウェイズのパイロットたちは、今週の木曜日から給料の支払いの遅れに対しての抗議の意思表示として喪章をつけて働くことを決め、創業者であり代表のNaresh Goyal氏によって話し合いの機会が持たれることが決まっています。

“僕らはNaresh Goyal氏との会議の日まで喪章をつけて働きます。給料は毎月15日まで遅れることなく決まった期日に支払われることを願っているだけです”とパイロットは語っています。その間、エアインディアは、パイロットに過去3ヶ月間、給料を支払っておらず、特別手当に関しては4ヶ月間支払っていないとインドのパイロットによる組合(IPG)は話しています。

Indian commercial pilot association(インド商業パイロット協会)では、3月中に問題が解決できなければ、将来の行動方針は個々のパイロットに任せると話しています。

“大多数の協会のメンバーは、精神的ストレスにより、乗客の安全を考えるとこの状況が続くならば4月1日以降、フライトすることができない”とインドのパイロットによる組合(IPG)から航空業界、労働大臣、航空安全局への手紙で知らせてきています。

-------------------------------------------------

キングフィッシャー航空だけではなく、インドの空の安全はお金次第でしょうか。
経済はいまだ好調のようですが、業界次第でしょうか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。