So-net無料ブログ作成

スパイスジェット航空も第3半期は赤字

インドの航空業界。エアインディア、キングフィッシャー航空の経営悪化がニュースで目立ちますが、伸び続く格安航空会社(LCC)のスパイスジェット航空も、第3半期が赤字だったそうです。
_________________

新聞名: Hindustan Times
日付: 2012年2月7日
ページ: P27
記事名: SpiceJet in Rs. 39 crore Q3 loss

今週月曜日、格安航空会社のスパイスジェットが今半期、3億9300万ルピー(約6億1000万円)の赤字を発表しました。この理由が、燃料価格の上昇とインドルピーの下落が原因です。

前半期は、9億4400万ルピー(約14億7000万円)の収益でした。

スパイスジェット航空のニール・ミルスによると「本来なら、第3半期の終わる頃に売り上げの上昇やコストパフォーマンスなどを配慮して効率よくしたはずだが、燃料の高騰とインドルピーがドルに対して下落したのを受けて、収益に大きく影響した」と話します。

しかし、売り上げ自体は前年度の同半期と比べると、42%増え、83.1億ルピー(約130億円)から117.5億ルピー(約183億円)となりました。
_________________

ジェットエアウェイズ同様、この赤字はどうやら一時的なものだと想定します。

インドのIT産業は相変わらず世界のリーダー的存在

世界的に不況が目立っていますが、その中でもインドではIT産業が栄えている様です。
_______________________

新聞名: Hindustan Times
日付: 2012年2月7日
ページ: P25
記事名: India key IT destination despite challenges
記者名: Vivek Sinha

この数値をご覧下さい。

2011年に立ち上がった新しいITサービス・デリバリー・センター
中国: 14
アジアその他の地域: 21
ラテンアメリカ: 22
ヨーロッパ: 32
インド: 49

※インド内訳: バンガロール:11、ハイデラバード:9、チェンナイ:6、デリー首都圏(グルガオンを含む):4、プネ:4、コルカタ:2、その他の都市:13

雇用一人一年あたりのオペレーションコスト比較
インド: 25000 アメリカドル
アメリカ: 120,000 アメリカドル

西欧から見れば、インドはインフラ設備などが未だに整っていなく、他国より開発が遅れていると考えられている傾向ですが、調査によるとインドはまだ世界のIT産業の中心となっています。

2011年に参入した世界中の新しいIT系サービス・デリバリー・センターの 1/3 はインドに開き、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、中国を追い抜いてトップの座となっています。

サービス・デリバリー・センターとは、個人又は外国に本社を持つ外資系のIT系のサービスセンターの事を指します。

インドのITハブと言えば、バンガロールやハイデラバードが有名でしたが、現在ではアーメダバード、ヴァドダーラ、デラドゥン、ナグプール、コーチンなどの小・中級規模の都市で盛んになってきています。

コンサルタント会社であるエヴェレストグループの取締役、サリル・ダーニによると「ヨーロッパやアメリカの小・中級規模の都市でサービス・デリバリー・センターを立ち上げるとコストが非常に高くなる。もし、これらでオペレーションを本格化するともっとコストがかかる」と言います。

インドでサービス・デリバリー・センターを立ち上げると、摩擦も少なくなり、インフレによってコストも安く、また人気の職業となっています。
_______________________

年々停電も少なくなり、インフラも整ってくるようになったインド。もっと魅力的存在になるかもしれません。

インドの若者:42%は賄賂を払ったことがある!

調査によると、インドではまだ賄賂社会が大きい事が分かります。
_____________________

新聞名: Hindustan Times
日付: 2012年2月6日
ページ: P1
記事名: '42% of India's youth have paid a bribe'
記者名: Abhijit Patnaik

人口で見ると、インド総人口の50%は25歳以下であり、世界最大の若者大国となります。

若い世代の人たちはこの新しい経済発展に伴い希望を持つと同時に、2011年では政治的にも存在感を増しました。

それが、去年話題となった反汚職に平和的デモを先導した元陸軍のアンナ・ハザレのサポートです。ツイッターやインターネットを通して、インド全国でデモを繰り広げた中心となったのは若い世代の人たちです。

しかし、彼らのほとんどはこの汚職について「必要な悪」と分け、賄賂を払うことにあまりためらいがありません。ヒンドゥスタン・タイムスの調査によれば、18歳から21歳の42%が賄賂を払ったことがあると言います。

この調査はインド全国15都市、7000人を対象としました。汚職については悪印象があるにも関わらず、40%は賄賂を払うことについて恥だとは思わないそうです。

ボパール在住の薬剤師、アルチャナ・バトナガル(24歳)によりますと「賄賂なしでは免許証も取れないしパスポートも取れない」と口ずさみます。

インドでは、人生の中で通常無料の物に対してお金を払います。出生証明書から、死亡診断書までです。なので、逆にお金を払わなければいけない物に対して無料になっても良いのだと思うのでしょう。

非正規の映画や音楽のダウンロードがその例です。46%の若い世代の人たちは海賊版のソフトなどを購入した事があると言います。

インドを代表するIT企業のインフォシスの創立者、ナラヤン・ムルティーによると「今の若者は不誠実さが富と力を得る事ができ、成功の鍵を握ると考えている」と言います。彼が間違っている事を願います。
_____________________

他国と比べると、インドは賄賂で解決する場合が多いかと思います。やはり、これも貧富の差が大きいのが原因の要素でしょう。

グルガオンでプロパンガス危機?

グルガオンでは現在LPGガス(通称家庭用プロパンガス)が不足しています。そのため、闇市にたよらざる得なくなり、値段が高騰している様です。
________________________

新聞名: Hindustan Times
日付: 2012年2月5日
ページ: P4
記事名: LPG crisis hits Gurgaon, people worried

今、グルガオンの住民は液化石油ガス(LPGガス)の不足に悩まされています。人々は、ガス・シリンダーを詰め替えるのに1ヶ月ほど待たなければいけません。

この事態に応じて、闇市場では通常の2倍の値段で住民に販売しています。

Sector 7 に住む、Sonia Arya によると「最近はガスの詰め替えがとても難しくなっている。通常は405ルピーなのに、闇市場で600ルピーから800ルピー払って新しいガスシリンダーを買わなければいけない。」

近所に住む Kanta Saxena によると「いつ通常の値段で払ってガスを詰め替えたのか憶えていない。政府はもっとこの問題に取り組むべきだ」と話します。

しかし、ガスを供給するディーラーは別の意見を持ちます。グルガオンLPG協会の会長、Harish Sharma によるとインディアンオイル社のガスは問題なく供給できるとのことです。

彼によると「ガス不足はヒンドゥスタン・ペトロリウム社のガスのみだ。すぐに解決するだろう」と話します。

ヒンドゥスタン・ペトロリウム社の Arjun Sachdeva によると、「当初は15日間で供給できたのを、今は8日間から10日間になった。あと一週間もすればもっとよくなり、2日間から3日間に短縮されるだろう」と伝えます。

州政府によると、LPGガスの供給はこれでも他のハリヤナ州の都市よりも、グルガオンの状況が一番良いと言います。

グルガオンの供給を管理する Bijender Singh によると、「グルガオンにLPGガス不足の問題なんてない。供給は州で一番良いはずだ。自分の目でちゃんと管理している。ただし、一定の地区で消費が激しいでは問題があるだろう」と伝えます。
________________________

意見が対立しているようですが、相変わらず政府らしいコメントです。

インド首相による2012年度の経済成長率予測

経済発展著しいと言われているインドの現在の成長率は?シン首相が数値を算出しました。
___________________

新聞名:Hindustan Times
日付:2012年2月4日
ページ:P23
記事名:Economic growth likely to slow down to 7-7.5%: PM

金曜日、マンモハン・シン首相が今年度の経済成長率は昨年度の8.4%と比べて少し落ち、7-7.5%になるのではないかと予測しました。シン首相によると「今年度の成長率は昨年度より落ち、その理由は世界経済の先行きの不安だ」と、代表書記官の会議で説明しました。
___________________

ヨーロッパでの不安定が影響しながらも、7%台を保てるんですね。

そろそろスタバがインドにやってくる?

日本でもアメリカでもどこでも人気のスターバックス。インドでは、前からそろそろ入るといいながらまだありません。しかし今年2012年はもしかしたら?スタバ戦術で、なるべく予算を抑えながら店舗を出せるようにがんばっています。その戦術とは?
____________________

新聞名: Hindustan Times
日付: 2012年2月2日
ページ: P21, 23
記事名: Starbucks looks for sweet deals on rents, locales
記者名: Rachit Vats & Sachin Dave
____________________

アメリカに拠点を置く世界最大のコーヒー・ショップブランドスターバックスは全世界に17000店舗を持ち、現在はインドでショッピング・モールなどの貸し店舗のオーナーと賃貸交渉をしています。

特にスターバックスの場合はブランド力があるので、場所によっては無料で提供できるようにそれぞれのモールの貸し店舗などとバーゲンをしています。スターバックスがあることで、モールに訪れる客が増えると自信があります。

ムンバイのショッピングセンター、Palladium の開発取締役であるGayatri Ruia によると、「スターバックスが店舗に入ることを歓迎するが、相手も交渉で引き下がらない。我々のショッピングモールも、ブランド的価値をもっているので賃貸を無料にする事はさすがにできない。」と話します。

スターバックスは、Tata Global Beverages 社と共同資本でインドに参入するのではないかと言われています。副主任の RK Krishnakumar にどの場所に店舗を構えるかと聞いたところ、賃貸交渉に影響するのでコメントは控えました。

2007年、スターバックスはデリーのサケット地区にあるシティーセレクトウォーク・モールに第一号店をオープンする予定でした。しかし、現時点は、ムンバイのコラバ地区、ウォルリ地区、ヒューグスロードと、デリーのパシフィックモールとグルガオンの アンビエンスモールに店舗をオープンするのではないかと産業情報は伝えます。

Star Centres の代表取締役である Pranay Sinha によると、場所によってはスターバックスがオープンすればショッピングモールの入場率が40%増えるのではないかと指摘します。

評論家によると、スターバックスは1平方フィートに対し、150~400ルピーは初年度に払うのではないかと言います。
____________________

さすが、ブランド力で交渉するとはこの事ですね。商売上手です。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。